転職支援エージェントの乱立

転職を考えた時、具体的に企業の募集要項を見たとき、募集した職種に希望するスキルなどが書かれているのを目にします。 そこで良く目にする資格があります。 募集する部署により様々ありますが、中でも事務系の部署で必要とされている資格についてまとめます。

事務系を希望する際に持っていると有利な資格

インターネットが普及したことにより、求人募集もネットがメインになってきました。
一般的に「転職サイト」といわれる求人サイトや転職エージェント会社も非常に多く存在します。
一つの転職サイトに登録すると、それだけで数社の転職エージェントからマネジメントを依頼しないか?というお誘いのメールが届きます。
転職を希望する方の年齢や希望するジャンルによって、サイトやエージェントにも「強い」「弱い」「向き」「不向き」があります。
ここで登録するサイトやエージェントを間違えると、なかなか「良縁」にたどり着けず、長期戦になる場合があります。

求人サイトの求人数も非常に多数掲載されているため、自分の希望に合った業種、職種を探すのも大変です。

転職を希望する場合は、現在所属する会社よりも良い条件の会社に移りたい、という方が大多数でしょう。
そんな中で、自分のキャリアをいかに高く売り込むか、ということが重要視されてきます。
その一つの武器として挙げられるのが「資格」です。
企業の側から求められる資格は、その企業の属する業界や希望する職種によって様々です。
自分がこれからどんなビジネスパーソンになりたいかを明確にした上で、企業が求める資格を計画的に取得していくことが必要です。
資格によっては取得に何年もかかるものもありますが、比較的短期間で取得できるものもあります。
実際、職種によって必要とされる資格は異なりますので、ジャンルごとに調べていきましょう。

デザインなどのクリエイティブ系

グラフィックデザインや、Webデザインなど、幅ひろく活躍するデザイナという職種。 この業界で有利になる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 印刷物などをメインとするグラフィックデザイン部門と、Webデザイン関連の部門とで分けて調べてみました。

営業部門で活かせる資格

企業活動の中で、外から仕事を取ってくる、お金を稼いでくる、というのが仕事である営業職。 取り扱う商品やサービスによって、必要とされる知識や技術は自ずと異なってきます。 その営業職で、一貫して活かすことができる資格はあるのでしょうか。 そしてそれにはどんなものがあるのでしょうか。